読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティラノビルダーVer1.6 リリース

ティラノビルダー新バージョン1.6の新機能を紹介します。

 

エクスポート機能強化

ひとつの環境でWindows対応とMac対応のゲームを出力できるようになります。

さらに、容量の大きなゲームの出力に失敗する現象が改善されています。

 

ティラノスクリプトの最新版 V420を搭載

大幅に機能追加された最新版のティラノスクリプトを搭載します。

安定化や軽量化も強化されています。

 

3Dカメラ機能搭載(Pro版限定)

専門的な知識不要で、高度な3Dカメラを使用できます。

その場で、プレビューして動作を確認することもできます。 

 Live2Dと組み合わせた3Dカメラ例

 特定のレイアだけを指定してカメラ演出させることも可能

 

コンポーネントマネージャー機能 

 左側に配置するコンポーネントを自分でカスタマイズできるようになりました。

使わないコンポーネントを非表示とすることで、開発効率がぐっとあがるでしょう。

 

 

背景ムービーコンポーネントを追加 (Pro版限定)

 背景に動画を使用できるようになりました。

ループ設定やつなぎ目をスムーズに見せる技術などが導入されています。

例えば、動画だけのノベルゲームといった新しいチャレンジが可能になります。

 

 

キャラクターフォーカス機能

いま、話しているキャラクターを目立たせる機能を追加。「ハイライト」や「ボカシ」など演出も選択可。名前指定の記述と自動で連動するので、既存のプロジェクトへの適応も簡単です。 

 

Live2D 2.1 対応

Live2D 2.1のモデルに対応します。

旧2.0のライブラリへの切り替えにも対応します。。

 

f:id:shikemokumk:20160624144846p:plain

 

 キャラクター振動コンポーネントの追加

画面に登場しているキャラクターを指定して、揺らすことができます。

揺らし方なども細かく調整可能です。

 

キャラクター立ち位置調整 

キャラクター退場時に、残ったキャラクターの立ち位置を調整するか否かを選択できるようになりました。

 

コール&リターン コンポーネントの追加

特定のシナリオやラベルに移動することができます。

リターンコンポーネントに到達すると、元の場所に戻ります。

ジャンプとの違いは、リターンするとコールの場所に戻ってくることができる点です。

繰り返し利用する機能などは別シナリオに定義しておいて、コールで繰り返し利用しましょう。

 

効果音にチャンネルを追加

複数の効果音を同時にならしたり、特定の効果音だけ停止するといった演出が可能になります。

 

効果音・BGMの再生待ちコンポーネントの追加

音楽の再生が終わるまで、シナリオを停止することができます。
音楽とシナリオをシンクロさせたい場合などに有効に利用できるでしょう。 

 

キャラクターの位置自動調整スピードの調整

自動位置調整が有効な場合、スピードを設定できるように改善

 

その他、ゲーム開発とゲームエンジン両面において

快適に使用できるような細かな改善がたくさん反映されています。

 

その他、ご要望などありましたらお気軽にご連絡ください!

 

ティラノビルダー|ノベルゲーム開発ソフト。スマホにも対応